AVTOKYO2018‎ > ‎

イベント

1. Open xINT CTF by Team pinja

会場での関係者への聞き込みやSNSなどで必要な情報を収集し、次々明らかになるヒントを解きながら本丸にたどり着く、現代のスパイ養成コンテスト。OSINTを中心としたそれ以外のINT要素を含みます。

対象:AVTOKYO参加者なら誰でも参加可能(個人戦)
開催時間:イベント時間中〜19:30
場所:会場内ブース
競技詳細URL:http://xintctf.wpblog.jp/
twitter: @pinja_xyz


2. Energy Drink Exchange by Team pinja

エナジードリンクを交換できる交換所を開設します。1本のエナジードリンクで交換所のエナジードリンク1本と交換できます。
日本のコンビニでどこでも売っているRedBullとMonster Energyは交換対象外です。海外のものや、期間限定品、ご当地ものがありましたらぜひとも交換しに来てください。レアなエナジードリンクを手に入れたらぜひともレビューするかSNSでシェアしてください。
交換が終わった後のエナジードリンクはxINT CTF参加者(結果発表後、早い者勝ち)にプレゼントします。
    場所:会場内ブース(Open xINT CTF 運営エリア)



3. SEQCON: SEcurity Quiz CONtest

情報セキュリティやコンピュータに関する問題を出題するクイズ大会を開催します。昨年に引き続き今年もクイズ大会を行います!今回は早押しクイズではなくボードクイズです。コンピュータセキュリティの知識に自信のある方をお待ちしています!


開催時間:15時・17時・18時を目処に人が集まり次第開催します)
場所:DIAMOND
登録:現地にて


4. UEFI Reverse Engineering introduction by Igor Skochinsky

UEFIの詳細解説、UEFIモジュールのリバースエンジニアリングについてワークショップ/デモスタイルで開催します。最近のいくつかのUEFIに関する脆弱性の詳細を扱う可能性があります。

参加対象:AVTOKYO参加者
開催時間:イベント中19:30頃まで
登録:現地ブースにて (個人での参加)

概要:
  • Overview of the modern PC booting process
  • overview of UEFI
  • analyzing and extracting UEFI firmware
  • Reverse-engineering PEI modules
  • Reverse-engineering DXE modules
  • a look at some samples

requirements:


5. HIVE  by Emilio

今年のHIVEは追加トラックとして IoT/Electronicを設定、ハードウェアの紹介をすることができます!!

// HIVE ルール
  • Choose a track:
  • Tool Introduction
  • Tool Demo
  • IoT/Electronic Project
  • 30min (short) or 60min (long) demo
  • Be interactive with audience
  • Drink & Talk!
  • Stickers and Freebies allowed to give audience

// HIVE 登録
  • Tool/Demo description (ツール/デモ詳細)
  • Name or Nickname (名前 、ニックネーム)
  • Contact Info (email) (連絡方法Emailなど)
  • Prefer session length (short/long) (希望するセッションの長さ Short/Long)
  • Language (Japanese/English) (言語 日本語/英語)
  • Any special requirements (power adaptors/ video output/internet/etc)  (その他特別な要望  電源/ビデオ出力/インターネット/他)



6. Badge Hack  by 低レベル勉強会

  • AVTOKYO2017 バッジハック